こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 担任の先生と合わず登校拒否に・・・このまま我慢するしかないの?

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

担任の先生と合わず登校拒否に・・・このまま我慢するしかないの?

担任の先生と合わず登校拒否に・・・このまま我慢するしかないの? 小学2年の次女が、担任の先生と合わず登校拒否になり困っています。
  日ごろから人なつこく、「誰かをきらい」などの言葉を聞いたことのない娘でしたが、2年の1学期から「担任の先生がきらい」と言って登校をいやがります。
  宿題を忘れていったときに、うそつき呼ばわりされ、連絡帳に強制的に反省文を書かされたようです。娘は泣きながら「うそついてないのに」と言い、私に連絡帳を見せました。
 そこには、「私はお母さんに、宿題を学校に忘れた、とうそをついて宿題をしてきませんでした。うそをつきました。おかあさん、うそを言ってごめんなさい」と書かされていました。私は、連絡帳に担任の先生宛のコメントを書いたのですが、担任からの反省文に関してのコメントはありませんでした。
  それ以来、さらに担任への気持ちが離れていったようです。 登校をいやがる娘を毎日なだめすかして学校へ行かせています。しかし、先日登校間際になって「どうしても行きたくない」と泣き叫び布団に潜って出てこないので、その日は学校を休ませました。
  担任が替わる3年生まで、この状態を我慢するしかないでしょうか?

(HN:ゆかくみさん)


自分がちゃんとついていると安心させてあげて!

 ゆかくみさん、お疲れ様でした。大変でしたね。人なつっこい娘さんが登校を嫌がってしまったのでは、かなりのご心労でしたでしょう。

 残念ながら教務力の豊富な先生が多くいらっしゃる中で、そうでない先生のいらっしゃるのもまた事実です。宿題を忘れたことは事実ですから、その点で娘さんにも落ち度はあります。が、その後のフォローの仕方、特にゆかくみさんのコメントに対して返事がなかったことなどを考えると、やはり問題があるようです。

 それらを考慮すると、普通はクレームという方向に結論が向かうのですが、ここはあえて私は逆のアドバイスをさせていただきます。すなわちゆかくみさんのお心の抵抗を承知で今はこの状態を我慢してくださいと。

 と申しますのも時期が時期なんです。3年生で担任が変わるとすれば、残りは実質1ヶ月しかありません、どうにか我慢できる期間だと思います。幸い「担任の先生がきらい」というのが、娘さんが登校を嫌がられる理由なのですから、お友だちとはうまくいっているのですよね。それでしたらお友だちとの交流を励みにして乗り切ることができると思います。

 実はね、ご存知のように学校の対応というのは決してスピーディーではありません。増してこの時期、卒業式や年度替りの準備などもあって、先生方はただでさえ忙しく、また(本来よくないことではあるのですが)そのせいでいらだっておられることもあるでしょう。交渉をする時期としてはうまくないのです。ゆかくみさんのコメントに対して返事をくれなかった先生が1ヶ月の間に解決に至るほどの話し合いの時間を割いてくれるとはとても思えません。また解決に至ったところでもうクラス替え、それはそれで後味はよいのですが、多分解決に至る前にしがらみを残したままクラス替えを迎えてしまうことになると思います。リスクのほうが大きいです。

 とりあえずコメントの件で担任の先生もプレッシャーは感じていると思います。ですから極端な揺さぶりをかけるのは得策ではないでしょう。ただ忘れ去られてしまっても困りますので、しつこくない程度に「まだ少し気にしているようだ」とか「最近様子はどうでしょうか」くらいの質問をされるとよいかもしれません。そのことでさらに注意を促すことができると思います。真っ向からケンカすれば娘さんもますます学校に行き難くなってしまうでしょうし、子どもというのは案外日和見しますから、先生と娘さんの対立を知られた場合、イジメなどに発展してしまう可能性も否定はできないのです。友だちとの関係がうまくいっているのにそれはとてももったいないことですよね。そうなったらクラス替えのあとも引きずってしまうでしょうし。

 それからもうひとつ、こちらのほうが重要ですが、娘さんにはまず、自分は徹底してあなたのことを信じている、あなたの気持ちはわかる、と伝えて安心させてあげてください。そして「だけど学校へ行かなかったら先生が正しかったと認めることになっちゃうよ」と諭してほしいのです。「今は先生にはわかってもらえなくても、私と友だちはあなたの味方だから」と。おそらくそれで学校へ行けると思います。それでも行けないようならば担任の先生によほど幼稚な振る舞いがあるか、または実は担任の先生のこと以外に行きたくないわけをかかえているかのどちらかでしょう。その場合はあらためて考える必要が出てきますが。

 とりあえず上記のようにお声をかけてあげた上で見守ることに徹してください。特に朝食をきちんと食べられているか、布団から置きだすのが遅くなっていないか、通学前に腹痛をもよおしたりはしていないか、などに目を向けてください。そこまでいってしまっていたら我慢することが自律神経の失調を及ぼしかねませんから、無理な登校をすすめられません。その際は専門的な診察を受ける必要があるでしょう。
 
 悔しいお気持ちはおありだと思います。しかし最終的な目的は娘さんが楽しく学校に通えることです。そのためには現実的な選択としてこの時期ならことを構えないほうが無難です。自分がちゃんとついている、みんなあなたの味方だと安心させてあげた上で、どうにかがんばって通ってみてください。

 早く穏やかに学校に通える日が来ますことを。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/493

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事