こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 小学生のオススメ本は?

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

小学生のオススメ本は?

小学生のオススメ本は?小1の息子と小5の娘がいます。
2人とも、最近、本を読むのが好きになりました。
小学生のオススメ本があれば、教えてください。


(HN:ドッグイヤー)


その子の好みや能力、タイプに合った本を選ぶことが重要

●その子にとってのよい本の条件を把握する
 ドッグイヤーさん、はじめまして。本好きの子どもさん、いいですね。あやかりたいくらいです。さてオススメ本ということですが、仕事柄多くの本を読んでおりますが、 どんな本がオススメかというのはその子の好みや能力、タイプなどによって異なってきます 。ここでは具体的な本の名前を挙げるのではなく、その子にとってのよい本の条件のようなことを列挙しておきましょう。
●小学校低学年ならルビがふってあることが大切
 まず小1の息子さんです。 一番重要なのはルビがふってあること 。ルビさえふってあれば、難しい漢字が使ってあってもOKです。小1ではまだ漢字を辞典で調べることは困難ですし、読めない漢字にあたるたびに聞いたり調べたりしているのでは話しの筋に入り込んだり感情移入することができなくなってしまいます。これでは読書の楽しみも半減してしまうというものです。

 次に対象学年ですが、これについては本に表記してある対象学年にはさほど神経質にならなくてもよい と思います。要は関心のあるテーマかどうか、文体が子どもにとってなじみのあるものか、ルビがふってあるか、活字は小さすぎはしないか 、という点にあります。それらをクリアしていれば小4向けあたりまでなら問題ないでしょう。

 本を図書館で借りる場合は、できるだけ薄いもの をオススメします。小1の読書スピードでは貸し出し期限内に読破するのが大変だからです。 買って読む場合は、小学生向けのペーパーバックがオススメ です。値段もお手軽ですし、ペーパーバックの場合ある程度評価が固まったものが多く、その点でも安心できます。また、買った後は自宅に置くことになるわけですから、収納を考えてもペーパーバックは魅力です。 一番いいのはご本人と一緒に本屋さんや図書館に出向き、本人に選ばせてあげること です。買い与えられたものより自分で選んだもののほうが愛着も湧くことでしょう。もちろんその際に助言などはしてあげてください。

●小学校高学年は受験をするか否かで異なる
 娘さんのほうは受験するかどうかによって異なります

 受験する場合は教科書や塾のテキスト、さらには週例月例テストに使われた問題文の出典、あるいはその出典となった作品の著者の別の作品などを読むとよい と思います。学校の教科書や塾のテキストなどは非常にバランスの取れた出典になっていますから、この方法ならば偏ることなくさまざまなジャンルの物を読むことができる でしょう。受験に役に立つにはもちろんですが、そうでなくても受験問題に選ばれるような題材は小学生にふれておいてほしいようなものがほとんど。読んでおいて損はないはずです。

 受験しない場合は、本人の趣味趣向によります 。 関心のあるテーマや読んでみて気に入った作家や著者の作品を読むようにすればよいでしょう。小5でしたら子ども向け以外の作品にふれるのもよいでしょう。大人向けの文庫本でも活字がやや大きいものなら抵抗なく読めますし、新書でもモノによっては小学生にも読めるものがあります。ただこの場合、性的な描写や残酷描写などが含まれるものもありますので(そもそもいわゆる文学的な名作のほとんどは男女の情愛や死がテーマだったりします。本来文学というのはそういうジャンルです)、そこに関してはご心配でしたらフィルターをかけてやってください。

●古典はできれば子どものうちに
 最後に古典について触れておきたいと思います。いわゆる名作童話や物語、それに私たちが子どものころ読んだ伝記など、これらの 古典は大人になると「今更感」が強くて手にとりづらくなるので、できれば子どものうちに触れておきたい ものです。ただ、古典だけにテーマが重かったり、情景が想像しづらかったりしますので、読書にあまり免疫がない子にすすめてしまうと読書嫌いを招いてしまう恐れもあります。 ある程度本を読むことに慣れてからのほうがよい でしょう。長くなってしまいましたが以上が私からの本を選ぶ上でのポイントです。ステキな本との出会いがありますことを。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/517

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事