こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 部活? それとも受験勉強? 進路に悩む息子

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

部活? それとも受験勉強? 進路に悩む息子

Q:部活? それとも受験勉強? 進路に悩む息子  こんにちは。中2になった息子の相談です。毎日の部活を意欲的に取り組み、充実した日々を送っているようです。しかし、この先の受験のことを考えると、もっと勉強に力を入れた方がいいのでは、と悩んでいます。両立できれば言うことはないのですが、器用なタイプではないと自覚しており、どうしたらいいか、わからないようです。今は、部活に全力投球して、好きなことを極めたい気持ちも強いみたいです。親として、どんなアドバイスをすればよいか、教えていただきたいと思います。

(HN:みかこ)

目標校を決め、現状にあわせた対策を

●状況による判断を
 いただいた情報だけでは何とも言いようがない、というのが実際のところです。というのも、これまでどおりでいいのか、受験の準備にシフトしていくべきなのかは、状況によるからです。今回は、その状況判断の仕方について話しますので、これを使ってアドバイスしてください。


●目標校を決めよう!
 まずは、目標校を決めます。次に、現状を認識します。できれば、通知表の内申点と模擬テストの偏差値との2本立てで判断したいところです。なければ、前者だけでも結構です。
 次に、両者の開きを考察します。目標校に合格するための、だいたいの必要内申点や偏差値は、塾に行けば資料があります。もし塾に頼りたくなければ、学校の先生に聞くか、または、インターネットで調べることもできるでしょう。この時点で、余裕があれば、まずは一安心。これまでどおり、部活に打ち込んでも問題ありません。


●部活を卒業してからでは遅い!
 もし開きがあった場合、その開きがどの程度なのかが重要です。開きの分は追いつかないと合格は望めません。成績は、ほうっておいて伸びるものではないですし、遅くなればなるほど上がりにくくなります。なぜなら、他の生徒たちも勉強するようになるからです。よく、「部活に打ち込んでいる子は、部活を卒業した後で伸びるから安心していい」などと無責任なことを言う先生がいますが、これは、あてにできません。そういうタイプの子もいますが、少数派ですね。好きなことに打ち込めるのと、そうじゃないことにも打ち込めるのとは、まるで違います。おまけに、部活をみんなが卒業するころは、もはや地方の公立中学校でさえ、多くの子が受験体制に入っていますから、よほどのことがない限り、順位は変動しません。
 開きを残された時間で割ると、月にどれくらい追いつかなければならないかが算出できます。この場合、気をつけてほしいのは、中3の12月まででカウントする、ということです。推薦の場合はそれ以前に決まってしまいますが、そうでなくても、年が明けたら勉強以外の受験の準備(下見や面接対策)や卒業準備で忙しくなりますから。


●部活での活躍は受験に有利か?
 あとは、部活でのレベルです。場合によっては、推薦はもとより、一般入試でもプラスに転じることがあります。ただし、そのレベルは生徒や親御さんが考えているよりずっと高いところにあります。団体競技なら最低でも全国大会レベル。個人競技なら都道府県で五本の指に入っていないと厳しいでしょう。これらは、競技の人気にもよります。人気がある競技の場合、基準がゆるくなることも多いですね。競技人口が違えば、その評価も異なるのです。
 「部活をやめずに最後までやりぬいた」なんてのは、本人と親御さんにとっての勲章にはなっても、入試ではさほどの有利にはなりません。また逆に、「途中で部活をやめると評定が悪くなる」なんて都市伝説も存在しますが、そんなことはありません。学校自体の欠席日数や遅刻早退の回数が多ければ問題ですが、そうでない限り、ボーダーライン上での選択で参考の参考の参考にされるくらいでしょう。
 


●まずは部活と勉強を両立してみよう
 おすすめは、部活に取り組んでいる状態で、どこまで勉強ができるのか、一度ためしてみることです。それはすなわち、本気になった場合の、マックスの状態での本人の能力ということになるでしょう。それを知っていれば、見込みも計画も立てやすくなります。部活をしているから勉強ができない子は、おそらく部活をやめても、その時間はテレビやゲームにまわるだけ。部活をやめて一気に伸びる子は、部活をやっている時でもコンスタントに成績を残すものです。
 お話をうかがう限り、さほど心配はないと思いますが、それも志望校次第でしょう。いいとこ取りはできないのが世の定め。そして、学生生活は中学校では終わらない。冷静に先をみることができるのは、親の年の功です。それを生かしていただけたらと思います。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/571

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事