こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 漢字やカタカナを自宅で復習させるには?

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

漢字やカタカナを自宅で復習させるには?

Q:漢字やカタカナを自宅で復習させるには?  小2の息子ですが、カタカナや習った漢字を、覚えきれていないようです。2年生用のドリルを購入し、毎日1枚ずつやっていますが、学校の宿題や友だちとの遊びで、手いっぱいの様子。できれば、1年生で習った漢字も見直したいのですが、本人にあまりやる気がなく、頭に入らなさそうです。漢字を覚えることは大事だと思いますが、友だちと遊ぶ時間をけずって勉強させるのも……とも思ってしまいます。結局、夜はご飯を食べて、お風呂に入って寝るだけです。復習もさせつつ、今後に向けての勉強をするには、どのような方法があるでしょうか?

(HN:うさこ)

表を使った、達成感を味わう勉強法を

●コレクション欲を刺激しよう!
 男の子は、コレクション欲を刺激するのが手っ取り早いと思います。あちこちの壁に、小1で習う漢字の一覧表をはりましょう。その際に大事なのは、やさしげなフォントを選ぶこと。低学年にとって、フォントが与える印象は大きいので、明朝体のように難しそうなものは避けて、やわらかめの書体(イラスト入りがベター)を選んでください。これを、あちこちにはります。デスクマットに挟んでおくのもアリです。お風呂の壁にはるタイプも市販されていますから、それも利用しちゃいましょう。


●到達度がひと目でわかるよう表を活用して
 その上で、ひとつメインの表を決め、そこは、完全にマスターしたものだけ、シールをはるなどして、到達度がわかるようにしてください。もちろん、シールをはってよいかどうかを判定するために、毎晩、テストを実施してください。テストは、大げさなものでなくていいですよ。うさこさんが口頭で問題を出して、息子さんがチラシの裏に書く、というもので問題ありません。
 表は、市販のものでもいいですし、今は、インターネットから無料でダウンロードできるものが多数ありますので、それをプリントアウトして使ってもよいでしょう。出来不出来は気にしなくて結構です。ポイントは、達成感を味わってもらうこと。そのために、到達度が目につくようにすることです。ただし、1日に1文字はやめましょう。ある程度まとめて覚えるようにした方が、効率もいいし退屈しません。覚えるのが80字でしたら、1日8文字で10日間とか、そんな感じで。


●暗記には「5分間暗記法」
 暗記については手前になりますが、私の著書『最強最後の学習法』の5分間暗記法あたりも参考にしていただくとよいでしょう。
※『最強最後の学習法』 >>http://www.takeshigoto.com/books.html

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/572

コメント(1)

我が家の長男もカタカナはなかなか覚えられないです。達成感は大事ですね!
5分間暗記法も試してみます。
先生の著書にも龍馬があるんですね。読ませていただきます。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事