こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 算数の苦手意識を取り除きたい

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

算数の苦手意識を取り除きたい

Q:算数の苦手意識を取り除きたい  小5の娘です。算数が苦手で、苦戦しています。特に計算が苦手なので、計算ドリルをやらせてみたり、視点を変えようと3年生の時からそろばん教室に通わせたりしましたが、克服できません。また、その他の問題にしても、先生の話を聞いているときは、わかった気になるのに、いざひとりで類似問題を解くと、さっぱりわからない、ということが多いようです。自分で「算数は苦手」と思い込んでいて、口では「がんばる」と言いますが、勉強ははかどりません。せめて、苦手意識を取り除きたいと思うのですが、どのように働きかけたらよいか、教えてください。

(HN:みん)


まずは苦手な計算を勉強して

●計算力をつけるには、プログラム学習を
 計算が苦手と、弱点がはっきりわかっているのですから、対処はそこからになります。いずれは、応用や図形にも手を出さなければなりませんが、まずは、計算に特化しましょう。
 計算力の向上に一番よいのは、プログラム学習です。公文式で有名な方法ですね。もう少し時期が早ければ、プログラム学習を実施している個別教室に、集中学習で通わせる手もあったと思います。しかし、すでに夏休みは終わっていますから、得策ではありません。やはり、みんさんが手助けをして、自宅で学習するのがよいでしょう。計算は、できるだけ間をあけないように仕上げるのが重要ですから。週に数回の習い事感覚では、進むより先に忘れてしまいます。
 

●同じレベルの問題集を3冊準備しよう
 具体的なやり方ですが、教科書準拠の問題集を、小1から同じレベルのもので3冊ほど用意します。パターン別のステップ式のものがあれば、そちらでも結構です。やるのは、計算のみ。1ケタ+1ケタから始めましょう。最初は、原則を理解します。おそらく、10になる組み合わせくらいからつまずいているのではないでしょうか。まず、10になる組み合わせをしっかり覚えましょう。その上で、パターンごとに順次教えては覚えてもらい、覚えたら例題、例題がクリアできたら類題、というスタイルで学習を進めます。この際、重要なのは類題の選別です。マスターしたこと以外の知識が必要な問題を、解かせてはいけません。混乱を招くからです。ところが、素人には類題の選別が難しい。そこで、わざわざ同じレベルの問題集を複数そろえるのです。こうすることで、同じ単元の問題を、多く手に入れられます。
 

●先生に協力を求めるのもよいでしょう
 どうしても、自分では指導ができないということであれば、上記のステップで学習したいことを先生に申し出て、特に類題の選択で協力を求めたり、あるいは、個別指導教室に、短期集中で通ったりするのもありでしょう。ただ、いずれの場合にも、欲ばらず、計算に特化し、パターン別プログラム学習をするという軸は、ゆるがないようにしてくださいね。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/580

コメント(2)

「先生に協力を求めるのもよいでしょう」
その言葉を早めの気がつく親でありたい。

今の自分にはなかった言葉です。
子どもの成績に親権に向き合う担任ではなかったり、若い先生の指導を親が指導する・・そんな学校でしたので。

いろいろ相談しながら、子どもの苦手な教科を克服していく、そんな、コラムを拝見できて嬉しいです。

これからも、よろしくお願いします。

わが子も算数全般が苦手で、その原因はやはり計算力のなさにあるようです。
振り返れば1年生の足し算引き算も、解くのに時間がかかっていたので、原則が理解できていなかったのでしょう。
先生が言われているパターン別プログラム学習を試してみます。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事