こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > いじめられないか心配

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

いじめられないか心配

025089.gif 次の春から小5になる娘と小1になる息子がいます。息子は、知的に障碍がありますが、娘と同じ小学校へ通わせようと考えていました。しかし、ママ友から、女の子のいじめは小学5年生からはじまると聞き、同じ学校へ行くことで、もし娘がいじめられたらどうしようと思いはじめています。今のところ娘は「大丈夫だよ」と言っていますが、心配です。息子には特別支援学校へ行くという選択肢もありますが、先生なら、どのように考えられますか?

(HN:ゆらゆら)

息子さんにとってよい選択をしてあげたい

●私なら息子さんを優先します
 ゆらゆらさん、こんにちは。ハンドルネームは、お気持ちを表現されたものでしょうか。いただいたご質問、安易に私がお答えしてよいものではないように感じましたが、「先生なら、どのように考えられますか?」ということでしたので、この「先生なら」という部分を私自身ならばと解釈して考えさせていただきますね。
 まず、結論を申し上げるとケース・バイ・ケースです。では、何を基準に決めるか。ポイントは3つ。最初は、娘さんが通っていらっしゃる小学校の様子と雰囲気、受け入れ体制(現在および過去)。次に、選択肢のひとつである特別支援学校の教育方針や様子。最後に、現在の息子さんの障碍の程度
 娘さんが「大丈夫だよ」とおっしゃってくれることに甘えさせてもらうとするならば、優先すべきは「将来的に息子さんにとってどちらがよい結果につながる可能性が高いか」です。これは、客観的にみればふたつの学校の中から、どちらがより息子さんに向いているか、受験をして進学するときの学校選びと本質的には同じです。違うのは、受験をして進学するときの学校選びでは校風だの学校の進学実績だのを考えるのですが、息子さんのケースだと、そうではないという点です。


●障碍を持つ子に対しては、個に応じた教育が進んでいる
 では、息子さんのケースだと何を熟慮すればよいのでしょうか。私なら「同じような程度のハンディキャップを抱えていた児童の教育に対する方針、慣れ、環境、進路指導のノウハウの有無など」です。スポーツでの進学を希望する子が偏差値の高い学校へ進学しても必ずしも思うような学校生活が送れないことは多々あります。また、上昇志向むき出し、競争大好きの子が、伝統があるからといってのんびりした校風の学校に進学したら、これまたうまくいかないことも。要は、本人の資質、能力、希望、適性などを鑑みて、向いているかどうかです。かつての養護学校の中には託児所の延長のような所もありました。そのため、「普通」にこだわる親御さんには、他の児童と同じ学校、クラスへの入学を希望する人が多かったのです。が、昨今ではその選択は正しいとは言えません。なぜなら、障碍の重度や個人差に応じての教育の多様化は大いに進んでいます。個の教育という点においては、普通教育の先取りとも言えるほど、その実践も導入も進んでいます(普通教育では大勢の児童生徒が対象なので、導入にも時間がかかるのでしょう)。教育レベルの進歩という点では、障碍を持つ児童や生徒に対する教育の方がずっと先進的だとさえ言えます。まして、障碍を持つ児童に対する教育のノウハウやその後の進路指導のコネクションを含む情報量など、普通の学校では太刀打ちできないでしょう。


●子どもの将来を考えて
 ただ、新しい試みの導入や実践が早いということは、学校差が激しいということにもつながります。また、教諭の力量や適性の差も激しい。正確には、同じ教諭でも一般の学校では技量が問題にならなくても、特別支援学校ではそれが問題になってしまう。つまり、差が出やすいといった方がよいでしょうか。したがって、進学対象のひとつとなっている特別支援学校の様子についての情報が必要になるわけです。
 これは娘さんが通っている小学校においても同じで、小学校の中には障碍を持つ児童の教育について非常に長けている学校もあります。が、そうではない学校ももちろんたくさんある。ですから、娘さんが通っている学校で障碍を持つ児童の受け入れに対してどうなのかも、また知ることが必要になります。
 かつてのように、よいとされる学校を卒業すれば、よいとされる就職先にありつけ、よいとされる人生を送ることができる時代では、もはやありません。ならば、カギは適性です。そして、相性です。私なら、特別支援学校を第一候補にするでしょう。その特別支援学校に問題があったり、逆に、小学校の方に同程度の障碍を持つ子の受け入れに対しての実績とノウハウがあったりする場合には、小学校を考えます。中途半端な普通科よりは、しっかりした職業科の方が、進学実績においてさえ上回る時代なのですから。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/22922

コメント(1)

先生のご意見、とても参考になりました。学校のことをもっと聞いてみて、考えたいと思います。
ありがとうございました。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事