こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 方程式や関数ができるようになりたい

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

方程式や関数ができるようになりたい

026673.gif こんにちは。私は今、中2なのですが、数学がどうもダメで、この間のテストで0点を取ってしまいました。なんとも恥ずかしい話です。授業が図形に入り、絶対ついていけないと思っていたんですが、不思議なことに図形はスイスイできて、初めて習った日から全問正解しています。 塾の先生に、「右脳を使うのが得意なんだね」と言われました。ですが、方程式や一次関数はまったくダメで、何度やってもすぐに忘れてしまうし、やり方を教わっても理解できません。このままでは、みんなに追いつけずに受験生になってしまいます。どうしたらできるようになるんでしょうか。

(HN:まな)

約分ができるか、から始めて

●根気よくクリアしていこう
 まず確認してほしいのは、約分が正しくできるかということです。中2の図形で困っていないのであれば、おそらくこれはクリアできるでしょう。もし不可だったら、小学生レベルの分数まで戻ってください。遠まわりのようですが、土台ができていないところに建物を建ててもどうせすぐに壊れます。というよりも建たない。ジェンガをイメージしてもらえばわかると思います。さて、約分がクリアできた場合、次は、なぜ約分が可能なのかをビジュアル的に理解します。同じ大きさの円を描いて、一方は6等分、他方は3等分にし、前者のふたつ分、後者のひとつ分を塗りつぶし比較すれば理解できると思います。
 次に、小5で習う「割合」と小6で習う「比」です。実は、理解のしやすさでは後者に軍配が上がるので、先に後者をやっても可です。ここまでできたら、中1の最初に習う式と計算の単元の計算の決まりごとを再確認します。それがクリアできたら、一次方程式に入ってください。その際、式の変形の途中の過程と、それが成立する理由を省略しないで学びます。
 時間はかかりますが、この手順を踏めばおそらく方程式も関数もできるようになるはずです。ポイントは、楽をしようとしないこと。楽はありませんが、理解できるようになるときは、目の前の霧がすうっと晴れたような心地よさが味わえるはずです。根気のいるステップですが、今なら間に合います。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/23919

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事