こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 通信教育を続けさせたい

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

通信教育を続けさせたい

026835.gif 現在小学1年生の娘です。「置いてあったら、そのうちやるかも」という安易さで、今まで某通信教育の教材を取るだけ取ってきました。娘は、たまにがんばって取り組んでいます。最近やっていないようだったので、子どもに「もうやめる?」と聞くと、「やめる」と言われ、そのときは、あっさりやめようと思いました。 でも、「通信教育は安価な分、子どもがやらないのは親の責任だ」という意見を知り、今までほったらかしにしてやるクセをつけさせなかったのは私の責任だと反省し、これからは一緒に取り組んでいきたいと思ったのですが、本人は、もうやめる気でいます。 このまますっぱりやめてしまうか、説得して続けさせるか、アドバイスをお願いします。

(HN:そらまめ)

やめて様子を見ましょう

●言ったことは守ってあげて
 低学年の子が相手ですから、一度口にしたことは安易にひっくり返さない方がいいでしょう。親の発言への信頼度に関わります。やめてしまっても、教材自体が消えるわけでもなく、ほとんどの場合、添削を受ける権利も消滅するわけではないので、「今までほったらかしにしてやるクセをつけさせなかったのは私の責任だと反省し、これからは一緒に取り組んでいきたい」というお気持ちが硬いようでしたら、一緒に学ぶ際に使えばよいのではないでしょうか。1年生ですから、教材の使い方だってよくわかっていないと思われます。一緒にやるうちに使い方がわかれば、もしかしたら続きが気になるかもしれません。そうなったら、また始めればいいだけのことです。


●寝かせた教材が役立つときは来る
 小1の場合、なかなか教科書やシラバス、カリキュラムにそった授業というのは難しいものです。また、身近なところから始めていくだけに、授業内容も地ローカル色の反映されたものとなるケースも少なくありません。学習順序や単元への時間配分など、力のある先生ほど工夫されるものです。ですから、低学年というのは通信教育が準拠しにくい学年ではあるんですよね。これが幼児だと学校の授業カリキュラムや進度と無関係で進められるのですが、小1の場合はそうもいかないわけで。親としては、費用は回収したくなるものですし、使わなければもったいないとあせってしまうものですが、今だからこそ学校の授業をしっかり理解することが大切、大丈夫です、寝かせておいてもきっと教材が生きる機会は来ますよ。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24007

コメント(1)

お母様は全部目を通しましたか?通信教材って、勉強したいと思うようになるきっかけになりにくいのでは?山のように送られてきて、毎日少しずつ勉強しないといけない。継続は力なりと言いますが、家にどーんと置いてあったら嫌ですよ。
しかも小1でしょう?いきなりやめる?って話でしょう?勉強したいきっかけがまだないんだと思いますよ。
ところで、お母様は全ページに目を通しましたか?その上で「やめる?」だったら続けても辞めてもどってでもいいのでしょうが、そうでなかったらなんだか一貫性がないですよね。子供はおそらく一生やる気になりませんよ。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事