こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > ひとりでも勉強してほしい

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

ひとりでも勉強してほしい

027119.gif 小学2年生の娘のことです。私は働いているのですが、私が帰宅するまで宿題をしません。見ていてあげるとやるのですが、そうでないとまったくやらず、毎日の就寝が遅くなるばかり。難しくてできないわけでは決してありません。これから宿題を終わらせるのに時間がかかるようになるでしょうから、その前に、ひとりで宿題を終わらせる習慣をつけさせたいと思っています。何かよい方法があれば、教えていただけませんか。

(HN:バトン)

勉強する環境をつくってあげよう

●留守番できるだけでもすごいこと
 小2の女の子ですよね。お留守番できてるだけでもエライなあと思うのですが、それでは物足りませんか。とはいえ、就寝時間が遅くなってしまうのも困りモノなので、ちょっと考えてみましょう。まず思いつくのは宿題のやり方が身についているかどうかですね。「見ていてあげる」という状態がどこまで口をはさんでいる状態なのか。もし指図が多いようならば徐々に減らしていって、文字通り「見てるだけ」の状態に近づけていくといいでしょう。次の段階では環境ですね。いわゆる形から入るというやつ。「ここにかばんを置く」「ここで宿題をやる」という具合にカードでも置いておいて、RPG感覚で片づけていけるように仕向ける。宿題ができたら「宿題が終わったら(お母さんが目を通せるよう)ここに置く」「ここからおやつをとって食べる」というゴールにたどり着けるように。


●音が寂しさを紛らわせていることも
 それからひとつ気になるのが静かすぎる環境ではないかということです。小2だとまだまだ心細さを感じる年頃。テレビだのネットだのゲームだのというものは音を発し、寂しさをある程度紛らわせてくれますが、宿題を始めとする勉強というのは静かになりがちです。実はこれが嫌でひとりではやれないという子も少なくないんですよ。もし、この指摘があたっていたら、何らかの形で学習に差し障りのない音を発せられる環境を与えてあげてください。一番いいのは有線ですが、まさか子どものために有線をひくわけにはいきませんので、ラジオでもいいでしょう。可能であれば帰宅時間を見はからって電話してあげるのもいいですね。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24166

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事