こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 寝そべって学習の娘

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

寝そべって学習の娘

027434.gif 小学3年生の娘のことで、ご相談です。2年生のころから寝そべって宿題をするようになりました。理由を聞くと、「その方がラクだから」と言います。本人専用の学習机は購入していませんが、ダイニングテーブルには娘の学習スペース用にと学習ライトがつけてあり、他に高さ調節が可能な机と姿勢がよくなる椅子をセットで置いていて、勉強できる環境は整っていると思います。今までは、とりあえず勉強をすればよいかとそのままにしてきましたが、最近、この状態が癖になってしまうといけないのではと思い始めました。どう言って机で学習させるようにしたらよいでしょうか。

(HN:かりんとママ)

根気よくつきあって治そう

●覚悟を決めて、まずは座らせて
 ああ、これはよくないですねえ。この癖がついてしまうとなかなか治せません。小3だともうずいぶん癖が定着していて、かなり苦労すると思います。まずお話したいことは、一旦フォームを崩すわけですから、新たなフォームが定着するまでは学習効率は以前より下がります。低空飛行の期間はそれなりに長くなります。その覚悟だけはしておいてください。ただしそういう痛みを負ってでも治しておいた方がいいでしょうね。一問一答レベルを超えたとき、寝そべっての学習では筆記に対応しきれなくなりますから。
 さて覚悟を決めた上で何をするかですが、まずは座らせることから。そのためにはスペースを作りましょう。場所および家具に関しては相談の上決めるといいと思います。肝心なのは言い訳による逃げ道をふさいでしまうことです。次にしばらくは放置しないこと。忙しい中大変だとは思いますが、ここが勝負どころだと認識していただいて、座っている間はしっかりおつきあいいただく。別に正面に座らなくてもいいので、目の届くところに座ってください。


●座って作業をさせる
 次に座った状態で作業を行わせる。絵を描くのでも、折り紙を折るのでも、読書でもなんでも結構です。この間、宿題は寝そべってやらせてもかまいません。1時間くらいの間だけは確実に座って作業をさせるようにしてください。もちろん宿題が座ってできる場合は、その時間は差し引いてあげてください。
 座っての作業が自然にできるようになったら、宿題など学習に移行します。このときもしっかり見守ってください。折をみて寝そべることができそうな空間を、寝そべることができないような状態にしていくこともよいでしょう。
 とにかく手間がかかる大変な作業だと思います。けれど、悪癖を取り除くには早ければ早いに越したことはない。性根をすえてかかってください。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24357

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事