こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 教えて!ごとう先生 > 気持ちをうまく切り替えられない息子

教えて!ごとう先生

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

「後藤武士先生」青山学院大学法学部卒。新進気鋭の若手教育評論家として活躍中。日本全国授業ライブ「GTP」を主宰し、北海道から沖縄まで講演。

http://www.takeshigoto.com/ プロフィール

気持ちをうまく切り替えられない息子

027779.gif 夏休み前、小学1年生の息子が給食を食べずに帰ってくる日が何度かありました。そのたびに担任の先生から連絡があるのですが、午前中の授業で気に入らないことがあると、その後はふてくされて授業に参加せず、給食もボイコットするとのこと。あるときは、食べ始めたと思ったら鉛筆のけずりかすをご飯にふりかけたので、叱るとまた給食ボイコットになってしまったということでした。何にふてくされるのかというと、まだ続けていたかったことを時間でやめなければいけなくなったかららしいです。先生から特に何かを言われたわけではありませんが、このままでは授業についていけなくなるのではないか、先生にも申し訳ないですし、どこかへ相談しに行った方がいいのかと悩んでおります。働いているので、なかなか時間が取れないこともあり、行くべきかどうかの判断の仕方を教えていただけたらと思います。

(HN:妖怪ママッチ)

相談に行っておいた方がいいでしょう

●診察を受けに行くなら離れた場所へ
 行くべきかどうかでいえば、行かれることをおすすめします。私は専門家ではないので知識的にではなく法的にアドバイスしかねますが、「鉛筆のけずりかすをご飯にふりかけ」るというのは、ちょっとレアな行動なので、専門家の方の意見をうかがった方がよいだろうと判断しました。
 ただし、その前に知っておいていただきたいのは、現在は親の時代に比べて、「いわゆる」普通でない行動をとってしまう児童生徒に対する研究も理解も進んでいるということ。それに対する情報量も多く(かつては素人がアクセスできる情報は皆無に近かった)、それゆえ極端に落胆する必要もなく、奇異な目で見られるリスクもぐんと低くなっているということ。とはいうものの、地元での風評やある種のレッテルを貼られることには抵抗もあるでしょうから、実際に診察を受ける場合は地元からやや離れたところの定評のある先生や大きめの病院を選択するとよいでしょう。


●幼稚園・保育園の先生に聞いてみるのも
  授業に関しては小1ですから、サボタージュしてしまった分は、妖怪ママッチさんの個別指導で十分補えます。教え方次第では前倒しも可能でしょう。心配なのは学力面より行動面、特に集団行動、組織に帰属する上での難点の有無です。そちらに関しては私ではなんとも言いかねるし、また言ってもいけないわけです。単に先生との相性が悪いだけかもしれないし、クラス運に恵まれなかっただけなのかもしれない。そういう可能性の一方で医学的に認められる特徴を持っている可能性もまた存在する。したがって素人による安易な判断も助言もできません。ひとつできる助言としては、環境による要素に関しては、当事者である小学校の先生より、すでに非当事者である幼稚園保育園の先生からの方が本音をうかがいやすいと思います。現在のような行動が幼稚園保育園でも見られたようならば医学的な原因がある可能性は高まりますし、もしそうではないのなら、学校・先生・友だちとの相性に起因する可能性が高くなる。ご多忙な職種ですからお願いするのも恐縮でしょうが、礼節をわきまえた上で、一度幼稚園保育園の先生に在園時の様子をうかがわれると、いろいろ見えてくるような気がしますよ。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。
したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。
・・・後藤 武士

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24678

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へ教えて!ごとう先生TOPへ次の記事へ»

教育!お悩み道場コラム 指南の部屋

最新の記事