こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 私らしく働く > 私らしく働く > 販売・サービス・営業系 > 宝飾店「マダム・ジェイ」経営 高木さん

私らしく働く

  • オフィスワーク系
  • 販売・サービス・営業系
  • ファッション・コスメ系
  • 料理・レストラン系
  • 教育・人材系
  • マスコミ・クリエイター系
  • コンピュータ・技術系
  • 美容師・ネイル・エステ系
  • 医療・介護・福祉系
  • リーダー・管理職・その他系

販売・サービス・営業系

代々受け継いでいくことのできるジュエリー。その素晴らしさを、たくさんの方に知ってほしい。

どんな仕事をしていますか?


  自由が丘にて、ジュエリーショップ「マダム・ジェイ」を経営しています。通常は、現場スタッフを育成しながら主にお客さまの応対をしています。また、年間を通じていくつかのイベントを企画・実施し、なかなか見ることのない珍しいジュエリーを展示するなど、お客さまに非日常を楽しんでいただける機会を設けています。
 お客さまは、ジュエリーが大好きで詳しい方から、例えば子育てがひと段落し、
自分に目を向けて「そろそろ、ジュエリーをつけてみようかしら」という方までさまざまです。オーダージュエリーを得意としていることから、リピーターになっていただけることが多く、立ち寄られては、ご自分の近況のことまで話しこんでいかれることも。「ここに来ると落ち着く」と言っていただけるのがうれしいですね。
また、お客さまの話を聞くと、人生はほんとうに人それぞれで、個々に生きてきた想いがあると感じるんです。お客さまとの会話は、一個人として人生の勉強にもなっています。

その仕事を始めたきっかけは?


 今の仕事に就く以前は、商社で営業をしていました。長く勤めていたのですが、
私は、この会社でやりたい仕事をしているのかな? という疑問が大きくなり、
退職したんです。仕事の区切りがよかったことや、専業主婦へのあこがれもありました。退職後しばらくは、専業主婦をしていました。そのとき知り合った方たちとのおしゃべりは、仕事の同僚とのそれとはまた違って、新鮮で楽しかった。けれど、ある日気づいたんです。“ずっとこのまま、というのは違う。充電はできた”それが、やりたい仕事に目を向けはじめた瞬間でした。
  ジュエリーが好きな私とダイヤモンドの商売をしている主人とで描く将来のビジョンに、「いつか、小売をやりたい」ということがありました。だけど、私はジュエリーについては素人。まずは勉強を、ということで、それからしばらくの間は、知人の元でアルバイトをして販売の経験を積んだり、主人から研修を受ける形でジュエリーや接客について学んだりしていました。そしてそこへ、このショップを開くのにちょうどよい場所がみつかり、
よし! やろう! ということになったのです。

これからどんなふうに仕事をしていきたいですか?


  ジュエリー、とくにダイヤモンドは、代々受け継いでいける永遠のものであることと、その素晴らしさをたくさんの方に伝えていきたい。それから、お客さまと話していると、よく「つけていく場所がないわ」という言葉を耳にするんですね。実際、日本は欧米に比べて、ドレスアップする場というのが少ない。だけど、人間って、本来きれいなものを身につけるのが好きなんだと思うんです。だったら、ドレスアップする場を作ればいい。いつか、イベントのような形でお客さまがお気に入りのジュエリーをつけて集まるような場を作りたいです。
 また、オープン当初から続けているイベントに、年末に行うチャリティーオークションがあります。これは、主人の友人、俳優の柴俊夫さんの「タイのバーンロムサイ(HIV母子感染の子どもが暮らす施設)への支援活動」に賛同し、はじめたこと。オークションの収益はすべてこの施設に送られ、子どもたちのための、HIVの発症を抑える薬や生活資金として使われます。ジュエリーのほか、芸能人の方々から衣服などの出展もあり、イベントとしてもかなり盛り上がるので、好評をいただいています。これからも続けていきたいです。

message
高木さん

 私がショップを立ち上げることができたのは、ジュエリーの師と仰ぐ主人を筆頭に、周囲の方々の応援があったから。限りある投資の中でショップを作り上げ、運営していくのはもちろんやりがいはありますが、簡単なことではないと思います。資格は特にいりませんが、ジュエリーは奥が深いものなので、勉強して知識を身につけることは必須条件です。あとは、とにかくジュエリーが好きであること。ジュエリーを愛しいと思う気持ちは、会話の中でお客さまに伝わります。あとは、接客ですから、人と話すのが好きであるということですね。


 
Profile

名前: 高木さん

年齢: 50代前半

家族構成: 夫と2人暮らし

職種:
宝飾店「マダム・ジェイ」経営

勤続年数: 3年

年収: 100万以上

 
Schedule

7:30

起床 朝食、家事


10:00

開店準備


12:00

ショップオープン


13:00

お客さまの様子をみて
昼食


20:00

ショップクローズ


21:00

帰宅 夕食の支度


21:30

夕食


22:00

家事など


0:30~1:00


就寝


 
Holiday shot

週1日のお休みは、ずっと続けているフラダンス教室に通っています。
実家の母を訪ねたり、美容院に行ったりすることも。
また、友人と食事に出かけて気分転換をすることもあります。

 
応募はこちら

私らしく働くTOPへ