こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 私らしく働く > 私らしく働く > 販売・サービス・営業系 > タッパーウェア専任販売代理店所属 タッパーウェア・マネージャー 斉藤さん

私らしく働く

  • オフィスワーク系
  • 販売・サービス・営業系
  • ファッション・コスメ系
  • 料理・レストラン系
  • 教育・人材系
  • マスコミ・クリエイター系
  • コンピュータ・技術系
  • 美容師・ネイル・エステ系
  • 医療・介護・福祉系
  • リーダー・管理職・その他系

販売・サービス・営業系

私らしく働く タッパーウェア専任販売代理店所属 タッパーウェア・マネージャー 斉藤さん 料理の腕を上げ、子どもとしっかり向き合いながらできる仕事。将来はキッチンスタジオを持ち、オリジナルレシピを紹介していきたい!

スケジュール

生年月日:1976年8月
家族構成:夫、娘(小3)、息子(幼稚園 年中)
職種:タッパーウェア専任販売代理店所属 
タッパーウェア・マネージャー
勤続年数:3年
月収:約10万~12万
このお仕事の紹介タッパーウェアについて

Q.この仕事をはじめたきっかけは?

― 電子レンジで焼きそばが作れることに感動!

  娘の習い事に付き添い、待合室でママたちとおしゃべりしていたときのこと。あるママ友だちが「電子レンジで焼きそばが作れる調理容器があるんだよ」と言うのです。そんな便利な物があるなんて! そこで強く興味を持ったのが、タッパーウェアとの出会いでした。
  結局、どうしてもその調理容器がほしくなって注文してもらうことに。そして、ママ友だちの誘いと、ほかの製品への興味から、ディストリビュターシップ(タッパーウェア専任販売代理店)主催のクッキング・クラスに参加しました。そこでは、ジャムやだしなどの作り方や、オリジナルレシピ、収納ワザなど、目からウロコの連続! 長年アトピーに悩まされていたこともあり、“無添加の保存食を、簡単に手作りができる”という点に強くひかれました。

― 自宅用にほしかった製品が安く買える! という軽い気持ちから

 ディストリビュターシップのクッキング・クラスに参加してすぐのことです。ディストリビュター(販売代理店責任者)から突然、「マネージャーになってみませんか?」と誘われました。ディストリビュターの熱意と予想外の展開には、驚きましたね。まさか、自分にそんな話がくるとは思わなかったし、できるはずがないと考え、はじめはお断りしました。けれど、その後も熱心にすすめられて話を聞くうちに、まずマネージャー価格で製品を購入できることにメリットを感じ、収入のお話も魅力的だったので「やってみよう」と決心したのです。

― 料理をしない友人のご主人からいただいたお礼の電話

  料理が苦手な友人がいました。彼女と家族の食生活は、店頭で買うお総菜や外食に頼りっぱなし。料理は簡単に作れるんだよ、手作りっていいよ! と伝えたくて、彼女を自宅開催の「クッキング」に誘いました。デモンストレーションを見た彼女は、料理と、当日使用した製品のすばらしさに感激。タッパーウェア製品を使って料理をするようになり、私は彼女のご主人から、お礼の電話までいただいたのです! 「いいものを紹介してくれてありがとう!」という言葉を聞いたときの喜びは今でも忘れられず、仕事をしていく上でのはげみにもなっています

「友人に物を売る」ということに抵抗は?

― 「買ってもらいたい」ではなく、「ぜひ紹介しなくては!」

  仕事として製品をすすめはじめても、「友人に物を売る」という感覚はありませんでした。むしろ、こんなにいい物を、紹介しないほうがもったいないと考えたのです。
  「ぜひ使ってみて!」「レンジで10分チンするだけで、おいしいおかずができるのよ」……。主婦として“便利でいい物だ”と伝えたい気持ちや、タッパーウェアを取り入れてから、保存食品も手作りし、添加物を体に入れない暮らしをするようになったことをただ一生懸命伝えているだけです 。

販売方法について、詳しく教えてください

― 楽しく話しながら、レシピを紹介する「クッキング」

  週に2回ほど、自宅で「クッキング」という、オリジナルレシピのデモンストレーションを実施しています。ウェルカムドリンクにはじまり、楽しくおしゃべりをしながらレシピのデモンストレーションを行います。参加いただいた皆さんと料理を試食し、そのときに使ったタッパーウェア製品の説明をした上で、製品がほしくなった方から注文をいただく流れです。「おいしい!」「こんなに簡単なの?」「このレシピはあなたのオリジナル?」という声を聞く瞬間は、格別ですね。
  そのほかにも、ディーラーさんと一緒にディストリビュターシップのクッキング・クラスに参加し、ママとお子さんがいっしょに楽しめる「キッズ・クッキング」も開催しています 。

今後の夢や目標を聞かせてください

  自分のキッチンスタジオを持つのが夢です! 今は自宅のキッチンで「クッキング」を開いていますが、キッチンスタジオにタッパーウェア製品をきれいに並べて、オリジナルレシピを広めていけたら、と思っています。
  それから、タッパーウェアのマネージャーにはいくつかのレベルがあり、私は真ん中あたりにいるので、もっと上のマネージャーを目指してがんばりたいです。

このお仕事を目指す人へのメッセージ

  タッパーウェアの販売という仕事は、お子さんが小さくて外勤ができない方や、無添加の食品を手軽に手作りしたい方、家事に育児、プライベートとうまくバランスをとりながら仕事がしたい方に向いていると思います。
  タッパーウェア製品や、効率のよい家事に興味がある方は、まずは気軽に「クッキング」に参加してみてはいかがでしょうか。

家族の理解や休日の過ごし方は?

主人の休みである土日は、家族で休日を楽しみます。たまに、土日もお願いされてクッキングを教えてほしいということも。主人の都合がつかないときは、私の父が子どもの面倒をみるためにかけつけてくれます!

ワークライフバランスは
うまくいっていますか?

「クッキング」のスケジュールは、子どもの行事(小学校・幼稚園や習い事)を避けて組んでいます。仕事をしつつ、母として行事に参加できる点もこの仕事の魅力ですね。主人は、私の仕事をよく理解してくれています。おいしいもの、特に手作りスウィーツが食べられるのもうれしいみたいです!

簡単レシピはこちら


【編集後記】

斉藤さんは、タッパーウェア製品が本当に好きで、周りのサポートへの感謝の気持ちを原動力に販売されているように感じました。取材を終えて帰り際、「イベントを見にきてください! よかったら、キッズ・クッキングも……」とお誘いいただいた私。斉藤さんの、仕事への熱意を感じました!

応募はこちら

私らしく働くTOPへ