こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 私らしく働く > 私らしく働く > 教育・人材系 > 子ども英語講師 石本さん

私らしく働く

  • オフィスワーク系
  • 販売・サービス・営業系
  • ファッション・コスメ系
  • 料理・レストラン系
  • 教育・人材系
  • マスコミ・クリエイター系
  • コンピュータ・技術系
  • 美容師・ネイル・エステ系
  • 医療・介護・福祉系
  • リーダー・管理職・その他系

教育・人材系

子どもたちにとって、心を開いて安心して学べる場所(ラボ)でありたい!

どんな仕事をしていますか?


 0~3歳の親子クラス、幼児クラス、小学生クラスの英語教室(ラボ)の講師をしています。
英語の童謡、マザーグース等で手遊びやダンスをしたり、絵本(はらぺこあおむしなど)や物語(ピーターパンや不思議のくにのアリスなど)で、劇遊びをしたりします。
 勤務時間は、親子クラス1時間、幼児クラス・小学生クラス1時間~1時間半となっていて、週3クラス、他カルチャーセンターなどの業務委託もしています。
 指導する時間以外でも、電話連絡をしたり、授業の準備をしたりする時間もあります。また、会議室の使用料や教材で使用する本の購入など持ち出しだったりするので、時給換算はむずかしいですね。

その仕事を始めたきっかけは?


 妊娠をきっかけに、以前働いていた仕事をやめました。
子どもが大きくなるまでは、子育てもゆっくりしたかったので、会社にあまり時間的拘束をされず、自宅でできる仕事がしたかったんです。
 この仕事を始める前に、テューター(ラボでは先生のことをこう呼びます)になるための研修を3カ月間、約 10 回行いました。
また、教室を開設してからも、約 10 回ほどの研修があり、そのあとも毎年1回、スキルアップのための研修期間があります。
 英語の歌やマザーグースの踊り、手遊びを覚えたり…ピーターパンやトムソーヤー、不思議のくにのアリス、はらぺこあおむし、とにかくたくさんの物語があるので、そのCDを聞きまくり、覚えました。
 その他、 生徒集めのためのチラシ配布は各講師がしますが、パンフレットなどの作成・印刷は全部会社が面倒を見てくれるので、心強いですね。

仕事上での大変なことは?


 親子クラスを担当していたとき、留守電に保育園から「子どもが発熱したため至急お迎えに来て」との電話があったことですね。
その後、水ぼうそうであることがわかり、午後の幼児クラスも休講してしまいました。
社内的には、子育てしながらラボをやってきた人が多いので理解はあるのですが、会員のみなさんに電話連絡して事情を話し、休講にしたときは本当に大変でした。
 その他、家族の理解と助けも大切でした。ラボのキャンプや合宿など、土日の仕事もよくあるので、夫の理解が必要でしたね。
土日の仕事のときは、夫に子どもを見てもらったりもするので、理解がないと難しいです。
また、ホストファミリーをして留学生を受け入れたりもするので、家族の協力は不可欠です。
授業参観なども、夫と自分、都合がつく方が行くようにしています。

仕事上での楽しいことは?


 1年に1度の発表会で、普段のクラスでのがんばりが大きな成長・成果となって表れるときに、特にうれしく思います。
 また、 勉強すればするほどスキルが上がるのは当然ですが、ラボにはその勉強する場、機会が多くあります。他の英語教室のように、開いたらそれっきり…ではなく、ほんとにいろいろと勉強させてもらえるんですよ。

今後の夢や目標とは?


 ラボは他の英語教室と違い、単語や文法重視ではなく、自分の言いたいことを自分のことばで、生きた英語として使えるように教えています。遊びや話し合い、異年齢の仲間との交流からも、子どもたちの英語で話したい意欲を作っていきます。
そのためには子どもが安心して、いつでも集える居場所が必要。子どもが思いっきり遊べて、思いっきり学べて、思いっきり活動できる場としても、ラボを広めていきたいですね。

 心を開いて安心して学べる場所があってはじめて英語が体に入り、血や肉となっていくのです。
 英語は半年や1年で身につくものではありません。
楽しく長く学んでいくために、中学生や高校生、大学生のクラスも作っていきたいですね。
ラボに来たら英語とともに、生きていく力、交流する力もつき、いろんな世界へ飛び立って行く、そんな子どもたちをたくさん育てていきたいです。
 そして、目標は、私のパーティに来る子どもたち全員、中学生になったらホームステイをすること! です。

 

ママサムライ ロゴ  社会とのつながりであり、社会の一員である証しです。
また、自分が生き生きするための時間でもある一方で、いろんな子どもたち、お母さん方と出会うことで、自分の世界が広がっています。
 仕事をしているときに心がけていることは「自分が楽しむ」 こと。また、子どもは十人十色 、いろんな反応があるので、アンテナをたくさんはっておくことが大切だと思っています。

 
message
石本さん

 この仕事は、英語が好きで、物語が好きで、子どもが好きな人。
自分も楽しめる人、人と交流することが好きな人に向いていると思います。
 私は、中学・高校の英語教師、保育士の資格がありますが、資格取得は条件にはありません。


 
Profile

名前: LABO 石本パーティ
東京支部  石本さん

生年月日: 1971.4.17

家族構成
夫・娘(4歳)の3人家族

職種: 子ども英語講師

勤続年数:3年

月収
月による(勤続年数で換算)

 
Schedule

7:00

起床 食事 洗濯


8:30~
9:00

娘を保育園へ送りだし


9:00~
10:00

教室を開く自宅リビングなどの掃除


10:00~
11:00

教室の準備


11:00~
12:00

親子クラス


~13:00

お母さんたちとお話ししたり、後片付け


13:00~
14:00

昼食


14:00~
15:00

午後の教室の準備
集会室のカギの受け取りや掃除など


15:00~
15:30

娘を保育園にお迎え


16:00~
17:30

幼児クラス


~18:30

お母さんたちに子どもの様子を伝えたり、後片付け


19:00

帰宅


19:00~
20:00

夕食の準備 夕食


20:00~
21:00

こどもをお風呂に入れて、寝かせる
家事の後片付け、余力があるときは本を読んだり、映画を見たり


23:00~
24:00

就寝


 
Holiday shot

 土日は買い物やこどもと遊ぶことがほとんど。
近くの公園で木登りしたり、お弁当を持って少しドライブしてアスレチックをしたり。
とにかく外で体を動かすことがほとんど。
普段、ゆっくり外遊びをしてあげられないので、土日は親子で外遊びをすることを心がけています。

 
応募はこちら

私らしく働くTOPへ