こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 私らしく働く > 私らしく働く > 医療・介護・福祉系 > おもちゃコンサルタント・マスター 横尾さん

私らしく働く

  • オフィスワーク系
  • 販売・サービス・営業系
  • ファッション・コスメ系
  • 料理・レストラン系
  • 教育・人材系
  • マスコミ・クリエイター系
  • コンピュータ・技術系
  • 美容師・ネイル・エステ系
  • 医療・介護・福祉系
  • リーダー・管理職・その他系

医療・介護・福祉系

子どもの心を育て、コミュニケーションツールにもなる、そんなおもちゃの魅力を、たくさんの方に知ってほしいんです。

どんな仕事をしていますか?


 自宅の一室を店舗にした“木のおもちゃ「チッタ」”にておもちゃを販売、それと並行して、児童館などで
おもちゃの作り方や選び方、遊び方に関する講座

開いています。
 おもちゃは、子どもにとって心の栄養にもなる大切なもの。食べ物と同じようにおもちゃにも、主食とおやつ
という2つのタイプがあります。
主食となるおもちゃは、例えば積み木など、子どもからの働きかけが必要なものを指します。積み木を、組む、並べる、投げる、かじる。
子どもは自分で、その年齢なりに遊びを生み出します
一方、おやつとなるおもちゃは、スイッチひとつでピカピカ光るようなものを指します。こちらからの働きかけはいらず、子どもは受け身で遊びます。
子どもの前に、主食とおやつ、両方のおもちゃを置くと、たいていはパッと見て
「おやつ」を選ぶ。これは普通のことですし、いけないことでもない。
だけど、子どもは「おやつ」のおもちゃにはすぐに飽きてしまう…。 
 私は、おもちゃ講座や自宅ショップで、子どもの心、コミュニケーション能力を育み、お子さんの成長にあったおもちゃの選び方、遊び方というところを
よくアドバイスしています。

その仕事を始めたきっかけは?


 おもちゃコンサルタントの資格を取得したのは、出産後のことです。保育士をしていたにもかかわらず、わが子にどんなおもちゃを選べばいいのかが正直わからなかったことがきっかけでした。
ちょうど子育てに息が詰まっていた時期で、自分のための時間も作りたくて、子どもを一時保育に預けて資格取得のための講座に通い始めたのです。
そして、子どもの心を育てる、コミュニケーションツールにもなるという“おもちゃの魅力”を知り、このことを多くの方に伝えたいと思って、資格を取得した勢いでおもちゃ屋を開店。
同時に、おもちゃに関する講座もスタートさせました。
 私自身、子どもと一緒に真剣におもちゃで遊んでいると、子どもの心と私の心がつながっていることを感じます。子どもを産んで幸せだな、この子が愛しいなと素直に思えるのです。
そういう時間をもったことは子どもの記憶には残らなくても、心の中で何かしらの形となり、生きていく力につながる、そしてそれは、世の中の親子に共通していえることなのではと思うんです。
たくさんの方に、心がつながる時間をもってほしい。
そしてそれが、子どもが被害者や加害者になる、悲しい事件が増えつつある現実に
歯止めをかけることにつながれば、と思いながら、日々活動しています。

 

 自分にできることと、自分がやりたいことの

折り合いをつけていくことです。
自宅の一部を店舗とする形での開店を決めたのは、
今の自分にできる範囲で夢をかなえていく
ため。
経費面やリスクなどを考え、
このスタイルがもっとものぞましいと判断したからです。
自宅を職場としたことで、いい面、悪い面はあります。
子どもといつも一緒にいられるけれど、公私の区別をつけるのは難しい。
いろいろ葛藤はありますが、今のところ働き方のスタイルを変える気はありません。
現在完全予約制としているところを、少しずつ定期営業を増やしながら、
自宅ショップで、がんばっていきたいです。


 
message
横尾さん

 おもちゃコンサルタントになるには、資格が必要です。
おもちゃは子育て期間だけではなく、お年寄り、障がいのある方のリハビリに使われるなど、さまざまな場で活用されています。
私が受講した「おもちゃコンサルタント養成講座」では
おもちゃについて多角的に学ぶことができ、受講をきっかけに全国に人脈が広がりました。
その仲間たちに出会えただけでも受講してよかったと思っています。
資格の活かし方は実に多様。だからこそ、自分がこの資格をどんなふうに活かしていきたいのかをしっかりともってほしいです。


 
Profile

名前: 横尾さん

生年月日: 1973.4.26

家族構成:
夫、長女(5歳)、次女(3歳)

職種:
木のおもちゃ「チッタ」店主、おもちゃコンサルタント・マスター

勤続年数: 3年

年収:
まだ収入につながっていません

木のおもちゃ「チッタ」
(予約制)
http://www.geocities.jp/
chitta_toy/

 
NEWS

女性の再就職支援セミナ-
~あなたの新しい一歩応援します!~

 

パネリストとして、参加予定。

「横尾さんのお話を聞いてみたい!」

という方、
こちらよりお申し込みください!

 

http://www.c-mam.co.jp/event/semi0226/

 
Schedule

6:00

起床、新聞を読む


7:00

家族の朝食、お弁当作り


8:00

掃除、洗濯


10:00

自宅ショップオープン


10:30

おもちゃ講座開始


12:00

昼食


13:00

帰宅


14:00

長女幼稚園より帰宅


17:00

自宅ショップ閉店


18:00

夕食


20:00

子ども就寝


21:00

仕事


23:00

就寝


 
Holiday shot

休日の過ごし方家族で図書館へ出かけたり、お店をいろいろ見て回ったり。子どもともじっくり遊んで過ごします。

 
応募はこちら

私らしく働くTOPへ