こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 私らしく働く > 私らしく働く > 医療・介護・福祉系 > 保育サポーターはちっこ代表 こがねざわさん

私らしく働く

  • オフィスワーク系
  • 販売・サービス・営業系
  • ファッション・コスメ系
  • 料理・レストラン系
  • 教育・人材系
  • マスコミ・クリエイター系
  • コンピュータ・技術系
  • 美容師・ネイル・エステ系
  • 医療・介護・福祉系
  • リーダー・管理職・その他系

医療・介護・福祉系

安心して子どもを預けられる親子の広場やサービスを充実させたい

どんな仕事をしていますか?


  小さなお子さんをもつ保護者への支援として、親と子の交流広場や一時託児、保育園や幼稚園への送迎などを非営利の市民団体として運営しています。また、
あらゆるニーズに対応できるよう、保育サポーターを養成する講座も随時開講しています。
 また、八王子市の委託を受けた「八王子市親子
つどいの広場西八王子」が2009年3月29日にプレオープンしました。
 この仕事をしていてよかったと思える瞬間は、一時託児のお子さんを迎えに来たママの明るい表情を見たり、感謝の言葉をいただいたりしたときです。また、預かったときに泣いていたお子さんが、しばらくすると笑顔で遊んでいる姿を目にするのもうれしいことですね。
  親と子の交流広場は、子育て中の人たちが友だちを作ったり、育児に関する悩みごとを気軽に相談しあったりする場を作りたいという想いから始めました。
  代表としての仕事のほか、ユーザーさんからの電話やメールでの問い合わせに応じるのはもちろんのこと、文書を作成したり、保育サポーター養成講座の講師への交渉をしたり……と分刻みで事務局としての仕事も。八王子市のポータルサイト「ハチポ」で子育てコラムも書かせていただいています。今まで営業職や学童保育の指導員など、さまざまな職種を経験してきましたが、それらも現在の仕事に活きていると思います。

その仕事を始めたきっかけは?


イメージ画像 もともと何ごとも思いついたらやってみようという性格ですが、運よく子どもに恵まれ出産したのが、自分の人生を改めて考えるきっかけに。自己中心的だった過去を反省し、これからは人の役に立つことをして「ありがとう」と言われるような仕事をしていこうと考えるようになりました。
 そんなとき、子どもを気軽に預けられるサービスを探したことがあったのですが、利用する前に登録の手続きが必要だったり、車で送迎してもらえなかったりして、便利だと思えるところが近所にはないことに気がつきました。
また、小さい子どもをもつママたちのサークルに所属していた頃に、交替で子どもたちの世話をする機会があり、その経験をとおして「自分の子どもと一緒に他の
子どもも預かれるのではないか
」となんとなく感じるようになっていったのです。
 サークルの仲間たちも「保育園の一時託児は利用料金が安い分、制約が多く予約でいっぱい」とか、「ベビーシッターを頼むと高くつく」などそれぞれ悩みをもっていたんですよ。そこで、自分たちの理想に近い保育支援サービスを作り出すことをめざして、周囲の方々や市の支援を受けて「保育サポーター養成講座」を開催。
その中から会員になってくれた10名ほどの保育サポーター(※)とともに一時託児を始めました。
イメージ画像 当時私は、学童保育の指導員として別の場所でフルタイム勤務をしており、とても厳しい状況でした。兼務は1年ほど続けましたが、その後専任として現職に至っています。
 今回オープンした「八王子市親子つどいの広場西八王子」は、
今までの実績が認められての受託だと思い、気を引き締めているところです。

※保育サポーターとは(財)女性労働協会が規定する「保育サービス講習会」の講座をすべて修了した方のことを指し、「はちっ子」は保育士や幼稚園教諭を中心とした保育サポーターたちで結成された保育グループです。

これからどのような形で仕事をしていきたいですか?


 八王子市と連携しつつ、もっと地域に保育サポーターを増やして、ひとりでも多くのママたちの要望に応えられるようになりたいですね。
私たちのめざしているサービスを実現するため、趣旨に賛同してくれる人材を集めることは大変ですが、やりがいがあります。
 また、人材を養成することは、再就職・就労という意味での要望にも応えられ、女性の自立にも役立つという一面もあります。
 スタッフも小さいお子さんがいる方が多いので、無理のない範囲での活動をしてもらっていますが、まだまだ人手が足りない状況ですね。スタッフや保育サポーターも今後、充実させていきたいと思っています。
 これからもお子さんと一緒に、ママが楽しく過ごせるような場所を創っていきたいです。

message
こがねざわさん

 今までこうして活動してこられたのも、「ママが困ったときに使えるサービス」のさらなる向上への熱意があったからこそ続けられたと思っています。子どもが好きで、人のために役立つことを喜びと感じられる人なら誰でもできる仕事ではないでしょうか。ただ、私自身出産してから「こんなサービスがあったら育児ストレスも減るのに……」と気がついた部分もあるので、できれば育児の経験があるといいですね。また、お子さんを預かるための基本的な知識は必要だと思います。
 私も今年中には保育士免許を取得する予定です。仕事との両立は大変ですが、がんばります!


 
Profile

名前: こがねざわさん

生年月日: 1968.9.3

家族構成:  夫、長男(4歳)

職種:
保育サポーターの団体代表

勤続年数: 3年

年収: 100万以内

 
Schedule

6:00

起床


7:00

洗濯、夕食の下準備・
お弁当作り、
子どもと朝食、身支度


8:00

保育園送り、出勤


17:30

仕事終了


18:00

保育園迎え、夕食の支度


19:00

夕食


21:00

子どもと入浴、
寝かしつけ


22:00

事務作業、メール返信


0:00

就寝


 
Holiday shot

 ふだんの家事は時間がかけられないので、余裕のあるときに買い物をしておき、下ごしらえやフリージングなどで乗り切っています。休日には主人が料理を作ってくれることも。とてもおいしいです! 日頃から感謝の気持ちを言葉で伝えようと思っているのですが、なかなかむずかしいですね。
 趣味としては、空いた時間にパッチワークや編み物などの手仕事をするのが好きです。
 自分の子どもとは一緒にいられる時間が短いので、その分密度の濃い時間をすごすよう心がけています。holiday shotまた、できるだけ寝る前に絵本の読み聞かせをしています。

 
応募はこちら

私らしく働くTOPへ