こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 私らしく働く > 私らしく働く > リーダー・管理職・その他系 > 極真空手指導員 笹沼さん

私らしく働く

  • オフィスワーク系
  • 販売・サービス・営業系
  • ファッション・コスメ系
  • 料理・レストラン系
  • 教育・人材系
  • マスコミ・クリエイター系
  • コンピュータ・技術系
  • 美容師・ネイル・エステ系
  • 医療・介護・福祉系
  • リーダー・管理職・その他系

リーダー・管理職・その他系

「オス!」大きな声であいさつをし、体を動かす心地よさを知ってほしい

どんな仕事をしていますか?


 極真空手港南台道場にて、空手の指導員をしています。
担当は、幼年部と女子クラス、それから昼間の一般部。
訓練の中で、空手の基礎動作や型の指導や、組手(打ち合い)というカリキュラムに沿って、道場生が実力をつけられるようアドバイスをしています。
幼年部の道場生は、4歳から7歳までという小さな子どもたち。
日々の稽古は厳しいので、親子空手教室やクリスマス会、節分の豆まきなどのイベント、夏休みの合宿を開催して、仲間と集う楽しさやいっしょにがんばろうという気持ちがうまく育つ工夫をしています。
また、オファーがあれば、地域のお祭りでの演舞に出向くことも。
極真空手を、もっとたくさんの方に知ってもらいたいんです。

その仕事を始めたきっかけは?


 沖縄出身の私にとって、沖縄を拠点に広まった伝統派空手はとても身近なもの。町内に何か所も道場があり、親戚の子はみなそのどこかしらへ通っていました。
 子どもを連れて、里帰りをしたときのこと。
実家の近くに、「極真空手」と書かれた見慣れない道場を見つけました。
興味本位で稽古の様子をかいま見て…。
初めて見たフルコンタクトの打ち合い(※注釈参照)に圧倒され、と同時に、この空手に惹かれていく自分を感じたのです。
何とかして、極真空手とつながりを持ちたい。
そう思った私がとった行動は、まず「子どもを入門させる」ことでした(笑)。
自宅近くで道場を探し、当時5歳だった息子を入門させ、道場生の親として訓練や道場の様子を見ていました。
そのうちに、いてもたってもいられなくなり、自分が入門
それからは稽古が楽しくて、どんどんのめりこんでいき、いつしか「やるなら、きわめたい。黒帯を取る!」と考えるようになったのです。
そして入門から5年、黒帯を取り、師範の指導のもと、現在横浜南支部長である井上参段とともに港南台道場を立ち上げました。
 道場を立ち上げたとき、私の下の子はまだ小学5年生でした。
道場の稽古は午後から夜にかけてなので、一般的に母親が家にいる時間にそばにいてやれず、すれ違いの生活になってしまうことに不安がありました。
そこで、子どもたちとの平日のコミュニケーションは交換日記でとることに
このやりとりは数年続けましたが、いまでは、当時の日記帳が私の宝物です。

※空手にはたくさんの流派があるが、伝統派空手と、直接打撃制ルールを採用するフルコンタクト空手の二つに分類することができる。
極真空手は、フルコンタクト空手の開祖とされている。

 

 働くのは、自分のため。まず一つには、生きていくために必要ですよね。
それから、働くことで、“かけがえのないもの”を得られるから
具体的にいうと、「自分の成長」それから「人との出会い」です。
一般(大人)の女子クラスに入ってくる方は、たとえば精神面など、自分の何かを変えたいというケースが多いんですね。
入門し、仕事をしながら稽古に参加する。  
腹の底から声を出し、体を思いっきり動かす。
そして、仲間たちと楽しく笑い、元気になる。
彼女たちのイキイキとした表情を見ているうちに、空手を教え広めることで、もっと人の役に立ちたいとも考えるようになりました。
  体が資本の職業で、常に大きな声を出し、見本を見せなくてはならない。 体力的に、いつかは限界がやってきます。でも、幼年部だけはずっと指導を続けたい。子どもたちがかわいくて仕方ないんです。

 
message
笹沼さん

 空手指導員は、黒帯取得者であることが条件になります。
特殊な職業ですし、入門前から「指導員になりたい」という方はまずいないのでは、と思います。
それよりもまず、極真空手に興味を持ったなら、お近くの道場で稽古を体験してみることをおすすめします。
はじめる年齢なんて、関係ない。私は30歳で入門しましたし、大きな声を出すこと自体、大人になるとなかなかないので気持ちがいいですよ。心身ともに健全になれると思います。
港南台道場に通うママたちは、たくさんの顔を持っています。
主婦、母、社会人、道場生、そして試合においては選手。
みんないつも忙しそうだけれど、キラキラ輝いていますよ!


 
Profile

名前: 笹沼さん

生年月日: 1968.1.12

家族構成
長女(19歳)、長男(16歳)

職種: 極真空手指導員

勤続年数: 5年

年収: 100万以上

 
Schedule

7:00

起床 お弁当作り・
朝食の支度


8:00

洗濯・朝食


9:00

夜ご飯の支度


12:00

昼食


13:00

出勤


15:00

道場到着


16:00

稽古開始


21:00

稽古終了


23:30

帰宅


1:30

就寝


 
Holiday shot

いつもの休みは、天気がよければひたすら家事、悪ければ、ゆっくりと体を休めます。
友人と温泉に行くことを楽しみの一つにしています。

 
応募はこちら

私らしく働くTOPへ