こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > マムのお仕事図艦 > おしえて!マムのお仕事 > アウトソース系 > 翻訳 塚本さん

マムのお仕事図艦

おしえて!マムのお仕事

  • アウトソース系
  • WEB制作系
  • プロモーション系
  • モニター調査
氏名
塚本さん
家族構成
夫、子ども3人(小6、小4、小2)
週@稼働時間
5〜20時間弱。仕事内容により異なる

翻訳のお仕事とは?

 私が翻訳で扱う言語は、英語とスペイン語、そして日本語です。マムの翻訳業務では、オファーに応じて、英文を和文に、または和文を英文に訳し原稿を仕上げます。

 常に心がけていることは、仕様について、どんなに小さなことでも疑問点があれば、納得できるまで細かく確認をすることです。翻訳は、人間同士がコミュニケーションをとりながら、意図するところを伝える通訳とは違い、手元にある原稿が全て。仕様の解釈にズレが生じないよう、確認を念入りにします。また、正しい日本語を使えることも重要なポイントなので、日本語のブラッシュアップを怠らないようにしています。

翻訳のお仕事のエピソードをおしえてください

 元々、翻訳会社に勤めていた経験があったので、退職後も、以前勤めていた会社を通じて、翻訳の仕事を続けていました。それとは別に、マムではテープ起こしの仕事をしていたのですが、あるとき、翻訳業務の打診をいただいたのです。(わたしの翻訳スタイルで、通用するだろうか?)という不安はありましたが、仕事の幅が広がるチャンスだし、先ずはやってみよう、と決心してお請けしたことを覚えています。

 マムでの翻訳の仕事は、とにかくスムーズ! クライアントへの仕様の確認は本当にキメが細かく、作業にあたり困ったことは一度もありません。

Message

 翻訳は、実は資格や学歴とは関係のない世界。仕事を始めるときには確認程度に聞かれますが、結果的には仕様に沿って仕上げた原稿が全てです。また、必要なスキルに関しては、例えば英語なら、学校で習ったことがしっかりと身についていれば問題ないでしょう。それよりも重要なのは、きちんとした日本語を使えること。あふれるように出てくる、新しい言葉を使いこなせるようにしておくこともポイントだと思います。

 きっかけをつかむには、募集があったら積極的に応募する、これにつきます。アクションを起こさなければ、何も始まらないのですから。また、翻訳は、ひとことで言ってしまえば「訳すだけ」の作業なのですが、どのジャンルにおいても必ず出てくるのが専門用語です。ご自分の興味のあるジャンル、なじみのあるジャンルをターゲットに専門用語の知識を深め、同時に募集を探す、というところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

戻る