こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > マムのお仕事図艦 > おしえて!マムのお仕事 > モニター調査 > タクシー調査 石原さん

マムのお仕事図艦

おしえて!マムのお仕事

  • アウトソース系
  • WEB制作系
  • プロモーション系
  • モニター調査
氏名
石原さん
家族構成
夫、子ども(娘12歳、息子8歳)
週@稼働時間
1回の調査につき、1時間くらい

タクシー調査のお仕事とは?

 担当エリア内で指定されたタクシーに乗車し、ドライバーの接客対応を調査して報告書を提出します。オペレーターの応対も調査に含まれることがあるので、タクシー会社に電話をかけて、こちらの指定する場所まで来てもらうことも。実際に調査をしてみると、とても感じがよく、受け答えが丁寧なドライバーが多い中、タクシーの前を走る車に対して舌打ちをするドライバーや、運転が荒いドライバーに出会うことがあります。そういうときの報告書は、あら探しをするように悪口を連ねるのではなく、どうすればお客さまが安心して乗車することができるか、という提案を書くように心がけています。その後そのタクシー会社を利用したときに、自分たちの提案が活かされているとすごくうれしいですし、次へのやる気につながります。比較的、時間を自由に使える仕事なので、無理なく、楽しく仕事をしています。

タクシー調査のお仕事のエピソードをおしえてください

 以前、子どもと一緒に長距離を徒歩で移動し、ようやくタクシーを見つけたことがありました。乗り込んだときには、親子共に汗だくで…。「暑いね~」と何気なく子どもと会話をしていると、ドライバーの方がさりげなく窓を開けてくれたんです。その気配りがとてもうれしかったことを覚えています。また、乗車中は無愛想な感じだったドライバーの方が、降車するときに「ありがとうございました!」と言った子どもの一言で、急に笑顔になり「気をつけてね」と言ってくれたこともありました。狭い車内という空間で、人の温かさに触れることがたくさんあります。そういう細やかな気配りや応対が人をリラックスさせ、結果として、リピートにつながる。タクシー調査をするようになってから、「求められるサービス」について深く考えるようになりました。

Message

 この仕事は、研修をしっかり受けていれば特別なスキルは必要ないと思います。クライアントのサービス向上について考えられる方、お客さまが気持ちよくタクシーを利用するためにはどうしたらよいか、ということを考えられる方が向いているのではないでしょうか。小さな子どもがいる方だと、荷物を抱えて歩くのも大変ですよね。そんなときにタクシーを利用し、調査をすることも可能ですよ。興味のある方は、ぜひ応募してみてくださいね。

戻る