こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > 在宅ワークのABC > SOHOはじめの10か条 > SOHOはじめの10か条

 「初めてだから・・・」は、在宅ワークには通用しません。自宅がOFFICEで、自分は社長兼、社員です。作業、営業、経理(確定申告なども)、すべて自分でこなしていかなければなりません。 あたり前のことばかりですが、10か条の心得、あなたはできていますか?

 あなたひとりでも、いい加減なことをしたら、その仕事に拘わるたくさんの人に迷惑をかけることに。期日に間に合わなければ、仕事とはいえない。
 家族が病気だって自分が熱だしたって、一度受けた仕事は、最後まで責任を持ってやる。
 「迷ったら、勝手に判断せずに相談」「トラブルの発生は速やかに連絡」「進捗状況の報告はタイミングよく」が基本。ささいなことが大きな問題になることもある。
 家族や自分自身の健康、仕事のスケジュールを管理することは、仕事の基本。これを怠けると、仕事を失うことになるかも。受注の際は、期日、量をよく考えて、安請負はしないこと。
 どんなに注意していても、パソコンの故障など、何がおきるかわからない。原稿はコピー、データは必ずバックアップ(コピー)を取っておこう。
 失敗してしまったら、言い訳ばかりしてもどうにもならない。きちんと謝って、仕事で挽回しよう。失敗を繰り返さないために、原因をしっかり調べておくのも忘れずに。
 納品前に、必ず見直し(校正)をしよう。納品方法も指定通りか確認を。いつも100%を目指してこそ、一人前。
 在宅ワークって人との付き合いが苦手でも大丈夫って思っていない? お互いの顔が見えにくいからこそ、ちょっとしたことで誤解を招くことに。コミュニケーションを大切にしよう。特にメールや電話では、言葉の選び方に充分気をつける。
 本やインターネットなどを利用して、まず自分で調べる習慣をつけよう。人に聞くのはそれでも分からなかったときに。人に聞いたことはすぐ忘れるけれど、自分で調べたことは実になる。
 仕事の内容や書類は、企業活動の重要な事項が含まれていることも。たとえ家族といえども、仕事上で知ったことなどを話すことはタブー。