こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > しごと > キャリア・マム座談会 私たち、マムの在宅スタッフです > 第1回 マムとの出会い、在宅での仕事のやりがい

しごと特別企画
キャリア・マム座談会 私たち、マムの在宅スタッフです!
ワークライフバランスを考えて働くとき、選択肢のひとつになるのが「在宅」という働き方。
今回は、キャリア・マムで仕事をしている在宅スタッフのみなさんに集まっていただいて、
気になる在宅ワークのあれこれについて伺いました。かなえ社長ももちろん同席♪
どんな話が飛び出したのでしょうか? 2回にわたってお伝えします!
Vol.1vol.2 近日公開第1回は、マムとの出会い、在宅での仕事のやりがいについて伺います。

マムとの出会いと、在宅ワークをはじめたきっかけについて教えてください-出産後の「仕事をしたい!」がはじまり

佐手:子どもがうまれたあとは専業主婦だったんです。下の子が1歳のとき、夫が会社でキャリア・マムのことを聞いてきて、会員になりました。もともとすごく仕事がしたかったので、マムで仕事をはじめてから私の機嫌がよくなって、夫は喜んでいたのかも(笑)。

加藤:私は妹に誘われて調査の仕事をするようになってから、キャリア・マムを知りました。出産後仕事をやめたので、何もしていないと何もできなくなってしまうのではという不安があったんです。

-「在宅」という言葉と、マムへの信頼感

高橋:会員登録したばかりのころは、お仕事への応募はしていませんでした。ネットで見つけた「在宅ワークができる会社」というと本当にいろいろな会社があって、正直言うと不安だったんです。でも、多摩は実家から近かったですし、マム事務局での袋詰め作業の仕事も募集していたので、信用できる会社だ、と思いました。

大田:私は、最初に託児つきの座談会に参加したんです。たくさんの参加者の方がいて、スタッフもいて、安心できました。

折田:以前、個人で仕事を受けていたんですが、すごく安くたたかれちゃうんですよ。マムは、悩んでいたときにようやく出会えた会社。信頼できると感じています。家にいて何かしたい、と思っているママたちに教えてあげたいですね。

在宅で活躍しているみなさん。今の働き方はいかがですか?-「子どものことを大事にしたい」という想い

加藤:私が出産後に仕事をやめたのは、保育園がなかったからなんです。でも、在宅なら子どもがいても働けますよね。

大田:家で仕事ができれば、子どもが帰ってくるときに「お帰り」を言ってあげられる......それが理由で在宅で働いています。マム以外でも添削の仕事をしてるんです。子どもが小さいうちは、このスタイルで働くつもりですね。

-「在宅ワーク」を、周囲に理解してもらう

佐手:マムでは「在宅で働く」ことがあたりまえですが、世間ではまだまだ認識されてないと思うんです。どんな仕事をしているのか、聞かれても説明するのが難しいと感じていたこともありましたね。

加藤:うちの夫も、私がいろいろな案件をこなしているうちにやっと「こういう仕事なんだな」と理解してくれるようになりました。

高橋:私は、友だちにサンプルを配ったら、「化粧品やさんなの?」と言われたことがあります(笑)。実際は、配った化粧品についての意見を企業に伝えるのが目的なんですよね。

在宅で働いてよかったことを教えてください-「子育てと両立したい」という想いから

折田:うちは子どものことで学校に行くことが多いのですが、在宅なのでその対応もできるし、先生との連絡も密にとれています。

高橋:在宅のいいところは、子どもの行事に気がねなく参加できることですね。


佐手:私は在宅社員ですが、昼に学校の用でちょっと抜けても、夜に対応できるんです。子どものことはもちろん、自分自身の体調が悪くても、仕事に穴をあけずに自宅で対応できるので助かりますね。

-お金だけじゃない「やりがい・楽しみ」もある!

大田:調査の仕事をしていると、お店の見方が変わりますね。仕事をはなれていても、買い物や食事でいろいろなことに気づくようになりました。

加藤:楽しいですよね。ふだんは食べないようなおいしいものが食べられたり、お店の接客を見て自分の勉強になったり......。何より、同じ店舗に行ったとき、前回にくらべてすごく改善されているのを見ると、すごく「やりとげた感」があります。

折田:マムの仕事は短期集中なので、検収合格したりプロジェクトが終わったりすると達成感が大きいです。自分がやっただけ報酬が受けとれるので、がんばった分収入が増えるというのもいいですね。

堤 :在宅のお仕事は、一つひとつが小さく感じるかもしれないけど、すごく大事なんです。自分のお仕事が何のためになされているかを考えられると、意識がちがってきますよね。今日はみなさんからいろいろなお話が聞けて、とても参考になります。引き続きお話を聞かせてくださいね。

次回は、在宅での気持ちの切り替えかたや、今後の仕事観について伺います!
Vol.2「在宅での気持ちの切り替え方、今後の仕事観」はこちら

おすすめ情報
参加者プロフィール

佐手さん: 川崎市在住、マム歴13年。夫、高3娘、中2息子。キャリア・マム在宅正社員。1日8時間×5日・週に40時間程度稼働。

折田さん: 小平市在住、マム歴3年。夫、小3息子、年中娘。エステモニター他マネ―ジャー。 外勤とあわせて1日6時間×5日・週に30時間程度稼働。

大田さん: 川崎市在住、マム歴5年。夫、小5娘、小2娘、年長息子。調査系スタッフ。1日5時間×5日・週に25時間程度稼働

高橋さん: 相模原市在住、マム歴5年。夫、小5息子、小2娘。調査系グループリーダー。1日5時間×5日・週に25時間程度稼働

加藤さん: 世田谷区在住、マム歴8年。夫、小6娘、小2息子。グルメサイト入力スタッフ。1日8時間×3日・週に24時間程度稼働

あなたもキャリア・マムで働いてみませんか?キャリア・マムのお仕事情報ただ今募集中の最新お仕事情報
会員登録はこちら
未経験者歓迎のお仕事♪プロモーションモニター募集中ミステリーショッパークルー大募集おしごとをはじめる前に…在宅ワークのABC 在宅w-くはじめの一歩キャリア・アップ応援 お仕事豆知識セミナー参加者募集中 働く前に受けたいレッスン 毎月開催