• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. ライフスタイル
  3. 届かなかったラヴレター
  4. 届かなかったラヴレター2016
[届かなかったラヴレター2016」今年も、たくさんの作品が寄せられました。
切ない気持ちや感謝の気持ち、大好きだったあの人への想い・・・
本当にたくさんの「愛」をいただきました。
その中から厳選され、審査員の心を揺さぶった感動の作品を発表します。
[届かなかったラヴレター2016」今年も、たくさんの作品が寄せられました。切ない気持ちや感謝の気持ち、大好きだったあの人への想い・・・。本当にたくさんの「愛」をいただきました。その中から厳選され、審査員の心を揺さぶった感動の作品を発表します。

ゆうくんのママ さん

アナタガウマレタヒ。
パパは仕事を放り出して自宅で破水してしまったママを車で病院に連れて行ってくれたのよ。
「大丈夫だよ」なんて言いながら陣痛に苦しむママの手を握ってね。
冷静だな~!と逞しく思っていたけど後で聞いたら動転していたんだって。
それに、やっと産まれる!という時に既に隣で泣いてたのよ。
あのパパがね。「やっと会えたね!」と抱きしめたこと、覚えてるかしら。

あなたは望まれて生まれてきたの。この前までお腹の中から蹴っていたのに不思議ね。
ママそっくりのお顔にパパそっくりな手。あなたはどんな人になるのでしょう。
ずっと応援するし支えるよ。ずっとずっと愛しているから安心して我が道を歩んでね。

今は届かないかもしれないこの想い、きっとあなたが子宝に恵まれた日に届くでしょう。
どれだけの無償の愛情を注いでも惜しくない切ない感情。
抱きしめながら、このまま時が止まればいいのにとさえ思う毎日。

だけどこの小さな温かい手に、どれだけの可能性が秘めてるのだろう?
この小さな偉大な背中にこれからどんなことを背負って生きていくのだろう?
そんなことも考えるのよ。

ママはね、あなたのママになれたことが人生で最高にハッピーなことだと思ってるのよ。
生きてて良かったな、これからもっと長生きしないとな、と思わずにいられないの。
ずっとずっと忘れない、アナタガウマレタヒ。



キャリア・マムの原点は、母親になったことで私たち一人ひとりが感じた「素敵な未来のバトンを渡したい」と願う力です。それぞれの人生が大切にされて、すべての人が笑顔で元気で毎日を送れる世の中になって欲しいと祈る力です。
きっと、すべての母親たちは、自分が母親になった「アナタガウマレタヒ」の事を、昨日のことのように思い出すでしょう。そして感動に打ち震えて、今にも壊れてしまいそうな小さな天使を、この腕に抱いたあの日のことを、決して忘れないと思うのです。
命のバトンをつなぐこと、親になる喜びと責任。そして、大切なあなたの母親になれたことの幸せ。そんな幸せな瞬間を思い出させてくれて、ありがとうございました。




今年も1000通を超える応募があった「届かなかったラヴレター」コンテスト。

毎回、一次審査からティッシュボックスを抱えて審査にのぞんでいます。応募作品のそこここに、かつての自分が、恥ずかしがりながら、鼻をすすりながら、照れ笑いをしながらいるのです。「届かなかったラヴレター」がここまで続いているのは、作品一つひとつが、自分に似ている誰かの人生だからなんですよね。ぜひ、お時間があれば、過去の作品にも向き合って頂ければ幸いです(「届かなかったラヴレター」 「届かなかったラヴレター2」文芸社)。

素敵な受賞作を送って下さった皆様、ありがとうございました。また、改めてすべてのご応募頂いた皆様に、心から感謝致します。どうか皆様の今日が、少しでも昨日より、素敵な1日でありますように。

株式会社キャリア・マム 堤香苗

ページの先頭へ