• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. イベント&セミナー
  3. イベントレポート

イベントレポート

キャリア・マムの在宅ワーク「採点業務」説明会 開催レポート

4月24日(水)、キャリア・マムホールにて、「採点業務」説明会が開催されました。 小中学生のテストの回答をパソコンを使って採点する「採点業務」に興味を持っている方、18名が集まりました。

【日 時】2019年4月24日(水)10:30~12:00
【会 場】キャリア・マムホール
【講 師】中村 照子(株式会社キャリア・マム 制作部副部長)

20190424_saiten_ph01_.JPG

在宅ワークをはじめるにあたって

まずはじめに、キャリア・マムの会社概要と在宅ワークについての説明がありました。 キャリア・マムに会員登録をしている人は、10万人規模。そのうち3,000人ほどがキャリア・マムの在宅ワークをしています。

20190424_saiten_ph02.JPG

「在宅ワークという働き方は、『個人事業主』。自ら受注して、その仕事を責任を持っておこなうので、自己管理が必須です。納期までのスケジュールをしっかりと立てましょう」と中村講師はいいます。

説明会参加者のなかには、在宅ワーク経験のない方も含まれていたので、在宅ワークとはどんな働き方なのか、熱心に聞き入っている様子でした。

キャリア・マムでおこなう「採点業務」とは

キャリア・マムの在宅ワークは、チームでおこないます。受注した業務には、担当マネージャーが間に入るので、働く時間が限られている人にとっても、やりやすい仕組みが整えられています。 現在、キャリア・マムで「採点業務」のプロジェクトに参加しているワークスタッフの数は、全国でおよそ500人。 作業時間をみつけて大量にこなす方から、無理のない範囲でひかえめに作業する方まで、たくさんの人がかかわっています。

20190424_saiten_ph03.JPG

中村講師自身は、在宅ワーク歴19年というベテラン。お子さんが0歳の頃に在宅ワークをはじめたそうです。「自分の時間が思うように使えないときでも、時間を見つけて仕事ができるのが在宅ワークのメリットです」と話していました。

数あるお仕事のなかでも、採点業務については、自分自身の空き時間を使ってコツコツと作業ができるのが魅力です。現在、在宅ワークで採点業務をされている方のなかには、ダブルワークの方、介護をしている方なども多いといいます。参加者は、ときおりメモを取りながら、興味深そうに話に聞き入っていました。

「採点業務」の具体的な流れ

続いて、実際に使う採点画面を見ながら、採点業務の流れについて説明がありました。 実務で使う画面を見ることで、参加者のみなさんも具体的なイメージがしやすかったようです。

20190424_saiten_ph04.JPG

採点の実例や、1時間あたり何件くらい受けられるか、業務の振り分け開始から納品までのタイムスケジュール例などの説明もありました。 「わからないことは、ワークグループのなかで質問をしながら進めていくことができます」という言葉に、安心した表情を見せる参加者の方もいらっしゃいました。

コワーキングCoCoプレイス見学

説明会終了後、お時間のある方は、キャリア・マムが運営する保育室つきコワーキングスペース「コワーキングCoCoプレイス」を見学していかれました。

20190424_saiten_ph05.JPG

コワーキングCoCoプレイスは、キャリア・マムのお仕事で月の報酬額が1万円以上の方であれば無料でご利用いただけるなどの特典もあるようですよ! 気になる方は、ぜひ一度、見学にきてくださいね。

参加者の声

今回の「採点業務説明会」に参加した方のアンケート回答を一部ご紹介します。

  • ・興味が深まりました。ぜひ応募してみたいと思いました。(40代)
    ・ある程度、自分の好きな時間に作業できるのがよいと感じました。(40代)
    ・コツコツした作業が好きで、ブランクもあるため少しずつ仕事に慣れていきたいです。ぜひ仕事をしたいです!!(40代)
    ・実際の画面が見られてイメージがつかめました。(30代)
  • アンケートのなかには、「実際に作業する画面を見ながらの説明が分かりやすかった」という感想も見られ、「ぜひ採点業務に参加しよう!」と思った方多くいらっしゃった様子でした。

    キャリア・マムでは、今後も業務説明会を実施します。気になるお仕事があったらぜひご参加ください。 詳しくはイベント情報にて→http://www.c-mam.co.jp/event/

    イベントレポートTOPへ

    ページの先頭へ

    この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

    応援する